QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
ビグザム
ビグザム
知らないことが多すぎて 日々勉強

2018年12月15日

罪はどうやって償う


かなりの注目を集めた裁判

東名あおり運転事故

2017年6月東名高速での執拗なあおり運転の末に起きた死亡事故をめぐり

危険運転致死傷などの罪に問われてきた石橋和歩被告

12月14日 横浜地裁は危険運転を認め

検察側の求刑23年に対し

被告に懲役18年の実刑判決を言い渡した

これを重いとみるか軽いとみるかは人の考え方が別れるところ

あまりにも石橋和歩被告の発言や態度がマスコミから流され

世間の石橋和歩被告に対し厳しくなった感がある

流石に私も石橋和歩被告が裁判中の発言

「あの事故がなければ 結婚していました」という言葉に

事故?事故ねぇ・・・・ どうも感情を逆なでする

しかし社会は甘くはない18年の刑期を終えシャバにでれば

石橋和歩被告は44歳になっている

まともな職歴もなくどうやって生きていけるか

それが償いというものだろう

日本では死刑制度がある

ハッキリ言って 死刑制度がなければ秩序が守れないと思う

理由は人を殺したら 殺されて当然

撃っていいのは撃たれる覚悟がある者だけだ!

しかし世界は日本の死刑制度を批判する

宗教的な観点もあるだろうが

海外の警察は犯人を射殺をある意味要因されてるのと

一緒にされてもねぇ

日本の警察が犯人を射殺した案件を調べてみたら3件しかなかった

1970年 瀬戸内シージャック事件

1977年 長崎バスジャック事件

1979年 三菱銀行人質事件

全部70年代だった


現代社会は情報を取り入れ過ぎて

凶悪な犯罪に慣れていっているように感じる

罪の重さが解らない 

償いの重さもしかり


石橋和歩被告の件はマスコミの標的になり

悪い心証のが広まり裁判員の後押しをした

そうでもないと18年という刑期にはならなかったと感じている





電脳空想帝国
 ☝で本国へ飛びます 


ミリタリー ブログランキングへ

  
Posted by ビグザム at 13:19日常運転