QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
ビグザム
ビグザム
知らないことが多すぎて 日々勉強

2018年05月29日

まさかの韓国による実写リメイク


押井守が原作・脚本を担当したSFアニメ「人狼 JIN-ROH」が

韓国で実写化。2018年7月末に韓国で公開される。

昨夜 とんでもないニュースが流れてきた

押井守の作品であるケロべロス・サーガのひとつ

アニメ映画の「人狼 JIN-ROH」が実写化

それも遠い未来ではない 今年の7月

「あの決定的な敗戦から十数年」--第二次世界大戦の戦敗国・日本

戦勝国ドイツによる占領統治下の混迷からようやく抜け出し

国際社会への復帰のために強行された経済政策は

失業者と凶悪犯罪の増加、またセクトと呼ばれる過激派集団の形成を促していた

そして本来それらに対応するはずの自治体警察の能力を超えた武装闘争が

深刻な社会問題と化していた。

政府は、国家警察への昇格を目論む自治警を牽制し

同時に自衛隊の治安出動を回避するため

高い戦闘力を持つ警察機関として「首都圏治安警察機構」通称「首都警」を組織した。

日本のパラレルワールドとも思える 仮想時代の物語

赤ずきんの少女と 狼である首都警隊員との物語



7月公開というのに まだネットに予告がアップされていない

韓国に実写化されたというショックと

凄く見てみたいという願望が胸を圧迫する

これは・・・・「人狼 JIN-ROH」の見せ場の地下道のセット?


韓国版でのストーリーは
韓国と北朝鮮が7年の準備期間を経る統一を宣布した中

反統一武装テロ団体セクトとそれに対応するための

新しい警察組織である特殊機甲大隊

そして統一政策に反対する強力な権力期間である

公安部の間で繰り広げられる暗闘と激突を描く。

面白そうじゃねぇか・・・・






電脳空想帝国
 ☝で本国へ飛びます 


ミリタリー ブログランキングへ




同じカテゴリー(映像作品)の記事画像
もう黙ってられない
完成形を見てないのにディスる
「世界一受けたい授業」陸・海・空自衛官が実施するライフハック
かざりさん さくら兵団 Vステ駐屯地ゲスト回
成功するか?少女×戦闘機
当時のフィルムが語る 空母赤城
同じカテゴリー(映像作品)の記事
 もう黙ってられない (2018-09-25 13:28)
 完成形を見てないのにディスる (2018-09-23 08:52)
 「世界一受けたい授業」陸・海・空自衛官が実施するライフハック (2018-09-20 08:51)
 かざりさん さくら兵団 Vステ駐屯地ゲスト回 (2018-09-19 21:45)
 成功するか?少女×戦闘機 (2018-09-17 08:48)
 当時のフィルムが語る 空母赤城 (2018-09-15 10:29)
この記事へのコメント
YouTubeで韓国映画「悪女」の冒頭なんかを見る限り、残念ですが日本のアクション映画は完全に周回遅れ。
少なくとも押井守が実写で撮るよりは面白そうです。

これ、見てえじゃねえか!
Posted by 太陽を盗んだ男 at 2018年05月29日 07:58
紅い眼鏡じゃん
Posted by 紅い眼鏡 at 2018年05月29日 09:02
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。