QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
ビグザム
ビグザム
知らないことが多すぎて 日々勉強

2018年04月18日

航空自衛隊が舞台の「ひそねとまそたん」



 「私は、君とソラを飛ぶ。」甘粕ひそねは、

航空自衛隊の岐阜基地に勤務を始めた新人だ。

素直すぎて無意識で他人を傷つけるのに疲れ、
任期限定の自衛官を選んだのだ。だが、
運命の出逢いが彼女の人生を根底から変える。

基地に秘匿された戦闘機に擬態するドラゴンがひそねを選び、
大空高く舞いあがったのだ。

こうして「OTF(変態飛翔生体)」であるドラゴンに乗り込む飛行要員が、
ひそねの仕事になった。

国家的な命運を左右するとも言われるドラゴンには、
はたしてどんな秘密が隠されているのだろうか……。


録画した番組を朝起きて再生した

学園物アニメかと思いきや F-15が画面に現れた









クレジットに総監督 樋口真嗣の名前が

予備知識なしで見始めたので期待度が高まる

航空自衛隊に入った主人公の「甘粕ひそね」

ある日 第8格納庫に行くように言われる



だが そこで見たものは・・・


日本は古来よりドラゴンと共存しており

姿を擬態させることにより その存在を隠してきた

しかし このドラゴンにはパイロットが必要で
その任務を甘粕ひそねに命ぜられた 



しかし 食われる・・・丸のみされる

ドラゴンを偽装する





パイロットとしての任務を拒否する甘粕ひそね

彼女は航空自衛隊での仕事を辞めてしまうのだろうか

しかしドラゴンは甘粕ひそねを丸呑みして基地から飛び出してしまう







岐阜基地からのバックアップもあり
ドラゴンの制御に成功する







ドラゴンは完全にF-15に擬態化する





作品はアニメ新作で原作等はなし

これからの展開が気になる作品となった

舞台は岐阜基地ということもあり

今年の航空祭は盛り上がりそうな予感がする





電脳空想帝国
 ☝で本国へ飛びます 


ミリタリー ブログランキングへ




同じカテゴリー(映像作品)の記事画像
演技を見さされるだけの映画
T‐34というロシア映画
あの映画 期待したんだが
興味を持ったきっかけは?
リアルなスコープ射撃映像
高い城の男シーズン3 俺たちの大和
同じカテゴリー(映像作品)の記事
 演技を見さされるだけの映画 (2018-08-17 08:46)
 T‐34というロシア映画 (2018-08-11 08:26)
 あの映画 期待したんだが (2018-08-08 06:54)
 興味を持ったきっかけは? (2018-07-31 07:53)
 リアルなスコープ射撃映像 (2018-07-30 07:23)
 高い城の男シーズン3 俺たちの大和 (2018-07-28 06:33)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。