QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
ビグザム
ビグザム
知らないことが多すぎて 日々勉強

2017年10月14日

熊だぜ なめてんのか?





岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(小谷好廣校長、児童64人)に9月

ツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射殺した

当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ

児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。

地元ではクマによるけが人も相次いでおり、

今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ

ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から

「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している


ネットの無関係人間は思いつきのまま

無責任な攻撃をする事がある

麻酔銃で捕獲しろとか 要は殺すなと

熊の恐ろしさを認識していないとしか思えない

S&W M500などの大口径を所持できるハンターなら余裕があるが

ダブルオーバックの猟銃で対処するのだ

速やかに処理したほうがよい

ツキノワグマノの成長度にもよるが

時速50キロから70キロの速度走る事ができる

怒らせたら脅威でしかない

当事者の身になれ

まるで憲法9条信者が戦争反対を無責任に垂れ流しているのと変わらん







電脳空想帝国
 ☝で本国へ飛びます 


ミリタリー ブログランキングへ





同じカテゴリー(日常運転)の記事画像
遠征と東京観光
かざりさん 史上最大の作戦
タミヤの時間は止まってなかった
見えない敵を撃破したDeNA井納
試射ができない住宅事情
警察の服務規程の話
同じカテゴリー(日常運転)の記事
 遠征と東京観光 (2018-02-07 08:50)
 かざりさん 史上最大の作戦 (2018-02-05 01:17)
 タミヤの時間は止まってなかった (2018-01-30 08:54)
 見えない敵を撃破したDeNA井納 (2018-01-29 09:03)
 試射ができない住宅事情 (2018-01-25 09:02)
 警察の服務規程の話 (2018-01-23 07:57)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。