QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
ビグザム
ビグザム
知らないことが多すぎて 日々勉強

2017年12月05日

東京タワーの幽霊




東京の夜には慣れていない

忘年会のため東京をうろついた

ただ初めて近くで見たライトアップされた東京タワーが妖艶だった

通天閣にも京都タワーにもこんな感情になった事はない

スケールが全然違うが

普通ならスマホで写真撮影しておきブログに使うものだが

宴会開始時間が迫っているため写真には撮らなかった



そういえばと!東京タワーの怪談話をおもいだした

東京タワーには アメリカ兵の幽霊がでるという

日本なのに何故か?

一つ怪談を省略して書く

ある家族の田舎から上京してきた おじいちゃんのために

東京観光に東京タワーに登る事が決まった

昔の時代などで観光名所が限られいることもある

家族は東京タワーの下まできたとき

おじいちゃんの顔がこわばり 東京タワーに登るのはやめると言いだした

家族は不思議に思いながら 行き先を変更し東京を回った

小さい子供でも おじいちゃんの様子が変なのはわかった

おじいちゃんと二人になった時 子供は何故なのか聞いてみた

絶対誰にも言うなよとおじいちゃんに釘を刺され話した事は

おじいちゃんの目には東京タワーを

蟻のように何十人もの人間が群がり登るのが見えたという

別件で出ると言われるアメリカ兵の幽霊

東京タワーとの因果関係は?

朝鮮戦争が停戦してから およそ8年後東京タワーが作られる事になるが

東京タワーに使用された鉄は朝鮮戦争時の

スクラップになった兵器を製鉄したものも含まれるのではと

一つの仮説というか推測にて怪談は締めくくられる



オッサン世代には東京タワーが一番

東京の象徴して感じてしまう

怪獣に壊されてこそ名所なんだ

スカイツリーがなんぼのもんじゃい(`Д´)凄いけどな

東京タワーは忍者キャプターの秘密基地なんだぞ


東京の夜イメージがこの曲にハマる

MAN WITH A MISSIONでこの曲が一番好き

電脳空想帝国
 ☝で本国へ飛びます 


ミリタリー ブログランキングへ

  
Posted by ビグザム at 08:57オカルト

2017年11月26日

現れた謎の飛行隊




しょこたんが香港で未確認飛行物体を撮影

動画をツイートしてました

うーん ドローンじゃねぇの?

俺にロマンがなくなったと感じる結論だった・・・・


電脳空想帝国
 ☝で本国へ飛びます 


ミリタリー ブログランキングへ

  
Posted by ビグザム at 08:32Comments(0)オカルト

2017年09月03日

電車の車両に出る幽霊




関西にある私鉄

生駒を走る電鉄

ある日から最終電車に幽霊が出るようになった

終電に必ず出る幽霊

電車会社がとった手段とはー

乗客を乗せる最終電車を走らせた後

無人の電車を走らせ

幽霊にはそちらに乗車してもらうようにした

何故?幽霊は終電にこだわるのか?

人の未練なのか約束なのか?

そう考えると 少し悲しい話に感じる





電脳空想帝国
 ☝で本国へ飛びます 


ミリタリー ブログランキングへ

  
Posted by ビグザム at 08:57オカルト

2016年12月06日

電脳空想的Xファイル



心霊映像は好き

その不可解な現象を分析しても 謎と恐怖がこみあげてくる

ただデジタル技術の進歩で

パソコンさえあれば誰でも オカルト画像を作れる

だから嘘だ 真実ではないと反論する人は絶えない

数あるUFO画像は90%以上はトリックで作られている

未だアダムスキー型UFOを信じている者がいる

あれはアダムスキー氏が 透明なガラスに半分に切ったミニチュアを貼り付け

8ミリフィルムで撮影したものだ

当時UFOの体験談を語ると マスコミや地域住民にもてはやされた

まるで宗教の教祖になった気分を味わえたのだろう

嘘をつき続けることになる

しかも一度信じた人間は厄介だ

自己の妄想で嘘をリアリティー化する


UFOの残り10%の画像とはなんだろう

それは純粋にunidentified flying object 未確認飛行物体であって

誰も異星人の星間移動物体とは言っていない

ただ単に確認できなかったものです


ちなみに画像は墜落したUFOです

モルダーあなたは疲れているのよ


電脳空想帝国
 ☝で本国へ飛びます 


ミリタリー ブログランキングへ
  
Posted by ビグザム at 07:39Comments(0)オカルト